簡易梱包改善

お客様の要望

現地での開梱作業を簡略化したい。また、開梱後の廃材処理費を削減したい。

梱包改善前(密閉木箱)

密閉木箱

改善提案


木箱から
スキッド2段梱包に
変更

梱包改善後(簡易梱包)

簡易梱包

改善後のメリット・デメリット

メリット デメリット
①廃材が軽減できる ①保管状況
 ガワ板・ツマ板・天井板・押さえ・梁などの木材が安くなる  外部での保管ができない(雨に弱い)
 廃材処理費が軽減できる ②外部からの衝撃に弱い
②開梱時の作業効率の向上  製品で耐圧荷重強度を出しているが低い(段積みする場合)
 針を抜く作業が少ない  側板・ツマ板がないので、破損しやすい
 箱を縛り付けているバンドはカッターでカットするだけ   (フォークの爪などの接触)
③梱包時の軽量化  
 トラック輸送時のCO2排出量が軽減する  
④熱処理費が軽減する  
 スキッドのみの熱処理費ですむため、熱処理費が少なくなる  

組み立て方法

スキッドの上に1段並べる
スキッドの上に1段並べる
上下に中仕切り板をのせる
上下に中仕切り板をのせる
胴回りをエステルバンドで固定する
胴回りをエステルバンドで
固定する
底面にt60mm発泡を敷く
底面にt60mm発泡を敷く
中仕切り板をはめ込み固定する
中仕切り板を
はめ込み固定する
2段目を枠内にのせる
2段目を枠内にのせる
枠付きの上板をのせる
枠付きの上板をのせる
ポリシート、ラップを全体に巻きエステルバンドを4方向からかける
ポリシート、ラップを
全体に巻き
エステルバンドを
4方向からかける